事業概要

株式会社キビテクでは、人型ロボット技術を基盤とした最先端のロボットテクノロジーを追求しています。お客様の事業特性を活かした知能ロボットの受託開発で数々の実績を上げており、事業課題の解決に貢献しています。また、グループ会社との連携により、ソフトウェア技術/ハードウェア技術の双方に対応できることも特徴です。さらに、ロボット技術やAI技術を活用した新たなサービスの開発により、雇用機会の不均衡や経済格差などの社会課題の低減にも挑戦しています。

弊社独自技術を用いて、自律ロボットに搭載されたAIを遠隔オペレータが効率よくアシストすることで、常識を扱えない、大量の事前知識を必要とする、といったAIの課題を克服する、遠隔制御システムの開発を進めています。これにより、ロボットのさらなる活用促進、人手不足の解消や生産性の向上を図ることができます。

 主に知能ロボット、IoTシステムに関わる受託開発、研究、技術動向や特許等の調査報告、技術コンサルティングを行います。人型の知能ロボット研究を背景としており、画像処理、音声処理、各種のセンサー処理、パターン認識など、研究開発要素の強い開発で強みを発揮できます。 

自社製品「ROXBLOCK」

大学や研究機関、工場の知能化などに利用可能な、本格的ROS (※1)プリインストールユニットROXBLOCKは、ロボット開発におけるROSの簡便な導入と安定した環境を提供する、 これからのロボット開発をリードする新しいプラットフォームです。※2

ツール販売

 電子工作の基礎となるブレッドボードを改良した「ケーキボード」「ビスケットボード」や便利な治具・ツールなどを販売しています。(ブランド名:BreadBoardManiac)

※1 ROS(Robot Operating System)とは
ロボットのソフトウェア開発において世界中で利用されているミドルウェアです。オープンソースで世界中の研究者、技術者によって多くのライブラリが公開されており、ロボット開発における世界標準とされています。

※2 ROXBLOCKはインテリジェント・ロボット・テクノロジー社との共同開発です。

NEWS

2020/09/18 プレスリリース(6,840万円の資金調達を実施)
2020/02/04 コーポレートサイトを全面リニューアルしました。
2020/01/16 日経産業新聞第一面特集にて、東京大学発のロボット関連
       ベンチャー企業の一員として紹介されました。
2019/12/18 国際ロボット展のお客様ブースデモに協力しました。
2019/06/12 イベントでオフィスサービス用ロボットが紹介されました。
2019/04/01 本社移転しました。(飯田橋→五反田)