株式会社キビテク

HATS事業

遠隔制御システムのHATSは、
現場のロボット化に役立つシステム群を提供する
「HATSプラットフォーム」へ拡大します

遠隔制御システムのHATSは、
現場のロボット化に役立つ
システム群を提供する
「HATSプラットフォーム」
へ拡大します

HATSプラットフォーム

HATSのコンセプト

ロボットの遠隔制御サービスHATS(Highly Autonomous Teleoperation Service)は、人間のオペレータが遠隔でロボットの動作を補完するサービスです。HATSには、エッジのソフトウェアと、クラウドサービスと、オペレーションセンターが含まれます。様々なロボットについて、エッジ計算機またはソフトウェアをアドオンすることで、遠隔制御と、業務改善用システムへ操作データ連携を行うプラットフォームです。

遠隔制御サービスHATSをロボットメーカー様へご提供するだけではなく、HATS搭載ロボットをユーザー企業様へ販売しています。非定常業務が多くロボット化しにくい、ロボットの滞留頻度の予想が困難、といった問題にお悩みの方にHATS製品が役立ちます。

HATSキャリー 遠隔サポート付き搬送ロボット

搬送ロボット(ガイドレスAGV)と、荷物を積載する台車(カゴ車等)と遠隔サポートとがセットになった製品が、HATSキャリーです。 遠隔オペレーターがロボットの動作を設定・運用しながら、情報を更新するので、ユーザ様は細かい設定や運用を行う必要はありません。 異常停止から復旧までを遠隔で行うことができ、止まらないロボットとして継続稼働いたします。 指示や動き方が人間らしい柔軟な搬送ロボットです。

倉庫業・物流業・製造業様へ

  • 倉庫・物流業様
    【倉庫内のピッキングを効率化】
  • 製造業様
    【工場内の工程間搬送を効率化】
  • 医療・介護・商業施設事業様 等
    【搬送・案内・見回りを効率化】

HATSインスペクト 遠隔サポート付き点検ロボット

移動ロボット(ガイドレスAGV)と、カメラと遠隔で点検者がロボットを操作し、カメラ画像を確認できるシステムとがセットになった製品です。ロボットが自動で巡回し、撮像・解析して点検を行いますが、カメラ画像を離れた場所にいるPC等の端末へ飛ばすことができるため、要所要所について人間が遠隔で点検することが可能です。全て自動で点検することができない現場でも、半自動で効率的に点検することが可能になります。お客様の社内の方が遠隔オペレータを担う形でのサービス提供も可能です。

製造業・建設業様へ

  • 建設業様
    【現場の見回りを遠隔化※】
  • 製造業様
    【プラント内の点検を遠隔化※】
    ※オペレーションをユーザ企業様で実施

HATSカスタム提供サービス

遠隔制御サービスHATSを、各ロボットメーカー様に対してご提供しています。例えば、施設内での搬送といった、一般の方のいる環境で働くサービスロボットが、進路が妨げられて滞留した場合等に、人間のオペレータが、全体のサービス品質や文脈を考慮して、臨機応変な復旧、周囲への協力の声掛け、次回以降の予防を行うということが、HATSを用いれば簡単に実現することができます。移動ロボット以外にも、腕のある移動ロボットや、犬型等の多脚ロボット、アームロボット、ズームカメラ等のIoT機器にも対応できます。

ロボットメーカー
ロボットシステムインテグレータ様へ

  • ロボットメーカー様
    【サポート業務を遠隔化※】
  • ロボットSIer様
    【システムの継続稼働のための部品として】
    ※オペレーションをメーカー様で実施

導入事例

「KeiganALI」は、設定が簡単で手軽に導入ができる自律移動ロボットです。
カスタマイズ性が高く、さまざまなシーンでご利用いただけます。
*KeiganALIは株式会社Keiganの製品です。
住友重機械グループが販売しています。

https://cyclo.shi.co.jp/keigan-amr/keigan-ali/

ロボット製品の形で販売もしています

協働ロボットHR4C

双腕化オプションもあり、双腕化オプション選択の場合、頭部カメラも搭載されます。また、各種カスタム対応承ります。

研究開発向けの単腕協働ロボットとして1台より受注生産承っております。
下記の特徴があります。

【特徴1】
低減速DDモータを利用し,バックドライバビリティが確保されています。

【特徴2】
腕関節の位置制御,速度制御,トルク制御が可能です。

【特徴3】
制御ソフトウェアについては、ROSおよびPythonでの利用に対応しており、すぐに使えます。

HR4C Kohaku-Model4

上腕3軸は低減速ギア+DDモータ、前腕3軸はYaw方向2軸はDDモータ、Pitch方向1軸は低減速ギア+DDモータで構成されています。
また、オプションでラジコンサーボ2軸のグリッパを搭載することが可能です。

ROSを利用してビジュアライゼーションを簡単に行うことができます

バックドライバビリティがあります

双腕化オプションでは、頭部カメラありです。

※グリッパオプションもつけたものです。

HR4C Kohaku-Model4 スペック

ロボット本体

駆動出力各軸80W以下
関節軸数腕部6軸、指部2軸(グリッパオプション選択時)
可搬質量最大1.0kg(グリッパオプション選択時、グリッパ除く)
腕部のリーチ500mm
質量約13kg(グリッパオプションあり、バッテリオプションなし)
約15kg(グリッパオプションあり、バッテリオプションあり)
外寸肘部屈曲時、27.5×50.5×60.0cm
電源1)バッテリオプションなしの場合
DC12V(制御用), DC24V(駆動用)をそれぞれ外部から供給
2)バッテリオプション選択時
AC100V(バッテリ給電用)
駆動出力各軸80W以下
関節軸数腕部6軸、指部2軸(グリッパオプション選択時)
可搬質量最大1.0kg(グリッパオプション選択時、グリッパ除く)
腕部のリーチ500mm
質量約13kg(グリッパオプションあり、バッテリオプションなし)
約15kg(グリッパオプションあり、バッテリオプションあり)
外寸肘部屈曲時、27.5×50.5×60.0cm
電源1)バッテリオプションなしの場合
DC12V(制御用), DC24V(駆動用)をそれぞれ外部から供給
2)バッテリオプション選択時
AC100V(バッテリ給電用)

制御仕様

制御コントローラOSReal-time Linux
補間方法躍度最小補間(デフォルト)、線形補間
制御周期100Hz(腕部関節)、10Hz(グリッパ指関節)
制御方法各軸は位置・速度・電流・トルク制御が可能
ユーザアプリケーション開発ライブラリ対応OSUbuntu20.04 64bit(Python3.8, ROS1 noetic)
Ubuntu22.04 64bit(Python3.10)
ユーザアプリケーション実行PC(内部搭載)Jetson Orin Nano 8GB
制御コントローラOSReal-time Linux
補間方法躍度最小補間(デフォルト)、線形補間
制御周期100Hz(腕部関節)、10Hz(グリッパ指関節)
制御方法各軸は位置・速度・電流・トルク制御が可能
ユーザアプリケーション開発ライブラリ対応OSUbuntu20.04 64bit(Python3.8, ROS1 noetic)
Ubuntu22.04 64bit(Python3.10)
ユーザアプリケーション実行PC(内部搭載)Jetson Orin Nano 8GB

インターフェース

有線イーサネット有線イーサネット(1000BASE-T)x 3, HDMI x 1, USB x3, Jetson拡張ピンヘッダ いずれも内部搭載のJetsonへの接続インタフェース
有線イーサネット有線イーサネット(1000BASE-T)x 3, HDMI x 1, USB x3, Jetson拡張ピンヘッダ いずれも内部搭載のJetsonへの接続インタフェース

※本製品はマイクロテック・ラボラトリー株式会社様との共同開発になります。
https://www.mtl.co.jp/