開発実績

ROSを用いた下記のような知能ロボットの受託開発や、ロボットシステム全体の構築、IoT機器の開発などを行っております。

オフィスサービスロボット

3種類のロボットが連携。音声で注文すると、飲み物をピックアップし、注文者のもとに運びます。

・コミュニケーションロボット

・テーブル(運搬)ロボット

・アームロボット

複数ロボット連携動作

5台のロボットが連携し、それぞれのロボットがどのような状態にあっても、あらかじめ決められたポジションに復帰します。

その他

・カスタムドローン制御ソフトウェアの開発およびシミュレータ環境での動作検証
・FA用画像処理ソフトウェアの開発
・自動運転研究用の1/10スケールモデルおよびその制御ソフトの開発
・2台のロボットアームでのけん玉動作実現のための制御ソフトウェアの開発
・ペット型ロボットの行動制御ソフトウェア、センサ用ソフトウェアの開発
・コミュニケーションロボットの表情表現のためのディスプレイ開発
・物流倉庫向け移動台車ロボットの多数台同時走行制御ソフトおよび制御基板の開発
・成長連携ミュージアム(Co Muse System)の開発協力

など。

ロボット関連技術

知能ロボットの開発では、各種センサーからの情報を収集してさまざまな処理を行い、周囲の環境条件の把握やロボットの動作に関する判断を行います。また、その結果に基づいてハードウェアの制御を行い、必要な機能を実現します。

これら一連の処理には、人型ロボットの技術を基盤とした、ソフトウェアやハードウェアを構築する技術が必要であり、当社ではこれら全般の技術にわたり、数々の経験と知見を有しています。

また、最新のロボット技術であるROS※1を用いた知的ロボットシステム全体の構築や個別機能の開発を行っております。

※1  ( Robot Operating System )とは
ロボットのソフトウェア開発において世界中で利用されているミドルウェアです。オープンソースで世界中の研究者、技術者によって多くのライブラリが公開されており、ロボット開発における世界標準とされています。

ソフトウェア系

C、C++、Python、CommonLisp、Java、CUDA、Javascript、PHP、Html5等/OSS組込みミドルウェア(ROS、RTM)/Android、iPhoneアプリ/ 組込Linux系(Jetson、RaspberryPi、Beagleボード、Gumstixなど)/ 回路FW/Arduino/MatLab、Octave/PureData(Max/MSP)など

電気系

Lデジタル回路及び基礎アナログ回路/新規センサ開発/マイコン(PIC、RX、ARM、PSoC等)/各種回路CAD(Eagle等)

ハードウェア系

 

小型人型ロボット等機械システム/筐体・IF/サーボアクチュエータ/空気圧、SMA等の人工筋肉/樹脂成形、ラピッドプロトタイプ/めっき、アルマイト、塗装等表面仕上げ/各種CAD(Inventor、Rhinoceros)

H2Hセンサ技術

人同士の微妙な距離・位置関係を計測する技術です。 ヒューマン・インターフェース、セキュリティ、 医療、家電やロボットの人感センサ等への応用可能性があります。

本技術は 2010年度情報処理推進機構(IPA)未踏「未踏IT人材発掘・育成事業」 の支援を受けて開発されました。